医学部を志望するなら考えたいこと

微分や積分の範囲を出題しない理系学部もあるので注意

一部の理系学部では、微分や積分の範囲を出題しないところもあるので注意してください。
一般的に高校2年か3年で、理系と文系に別れて数学の授業は行われています。
医学部を志望するのなら理系を選択し、さらに微分と積分も学べるように選択することをお勧めします。
入試に必要な理科は、1科目もしくは2科目です。
2科目必要な大学が多いので、なるべく2科目入試に対応できるようにしてください。
理科には地学と生物、物理と科学の4科目があります。
医学部を志望する多くの生徒は、物理と化学を選択する傾向があります。
他の理系である理学部や工学部を受験することになった時、この2つをやっておくと便利だからです。
理学部や工学部では、一部の学科を除いて物理と化学を入試科目にしているところが多いです。
物理は、得意不得意がある科目で注意が必要になってきます。
とはいえ、公式を覚えて理解してしまえば満点が取れる教科とも言われています。
化学は覚える範囲が非常に多くて大変ですが、大学に進学してからも重要なので勉強してください。
満点を取ることは困難である一方、勉強していればある程度の点数が取れるとも言われています。
生物系や薬学部を併用して受ける予定があるなら、化学と生物を選択します。
物理と生物の組み合わせで受験する人は、ほぼいないと言って良いでしょう。
高校生物はどちらかというと、公式ではなく暗記が多い傾向があります。
選択する人は少ないですが、実は医学を学ぶ上で非常に重要な学問になっています。
大学に入ってから学ぶことも可能なので、受験の段階では自分が得意で点数が取りやすい方を選ぶようにしてください。
地学については、理系では地学科など一部の学科を受験する人しか選択しない傾向があります。
医学部では、地学を入試科目にしていないところが殆どなので選択することはお勧めしません。
どうしても選択したいときは、もう一つの科目を必ず化学にしておきます。

筆記試験なら7割から8割の点数を取ることが求められています微分や積分の範囲を出題しない理系学部もあるので注意レベルだけでなく学費についても調べてみることをお勧めします

医学部 志望「医学部志望です」の英語・英語例文・英語表現-Weblio和英辞書