パチンコ屋のお客って怖いの?正社員として10年勤めた筆者が解説!

女子大生がパチンコ屋のアルバイトを検討するときに、ネックとなるのは「怖い人がいるんじゃないの?」といった漠然とした不安ではないでしょうか。

ビビらせるつもりはありませんが、10年パチンコ業界にいた筆者の見解としては、パチンコ店はダメ人間やおかしな人間が集まる場所だと認識しています。

ストーカー気質の根暗タイプ

パチンコ店に来るお客様って、若年層から年寄りまで様々で、地域差や店舗のコンセプトによっても、年齢層はバラバラです。

ただ、基本的にパチンコやスロットをダラダラ長時間遊ぶような属性は、基本的に根暗タイプですし、普段から異性としゃべり慣れていない人が多いんですよ。

普段も女っ気のない生活で、女性の身体に触れるときといえば風俗くらい。そんな男ばかりが集まるのがパチンコ屋だと思っていいです。

やたらオラついているタイプ

オラつくとは、何となく周りに「オレは無茶するよ~?」「ケンカすると強いよ~?」的なオーラを放ちたがる人ですね。

こういうタイプは、遊戯中にイラつくと台をどついたり、タバコを吸いながら打つのがカッコイイとか勘違いなさっています。

この手のタイプは、女性に絡んだりしてくることは少ないですが、できるだけ近づかないようにしておいた方が良いですね。

ハマってひたすらイラついてるタイプ

パチンコ店は、結局ギャンブルをするところですから、当たらないとまったく楽しくなく、イライラが募ります。

遊戯中に舌打ちや大きなため息をしていたり、目の焦点があってない人も要注意です。突然キレ出して暴れるかもしれません。

基本的にアルバイトは変な客から逃げて良し

筆者は正社員として10年いたので、数えきれないほどおかしなお客様のクレーム対応してきました。

「遠隔操作(※事務所で不正に玉を出さないよう操作すること)してんだろ!」

「〇〇ちゃんとしゃべりたいだけなんだよ。お前じゃまだよどけよ。」

何かにつけて、難癖をつけたがるお客様はたくさんいます。
で、クレーム対応って結局は「こういう返答すればOK]みたいな正解がなくて、ずっと相手のモンクを聞き続けるしかないんです。

そういうおかしなクレーマーの対応は、基本的にバイトにやらせる法人はまずないと思いますし、筆者が大手法人でバイトするのをおすすめするのは、この辺の理由もあります。

中小法人だと、社員教育が行き届いていなく、社員がやるような仕事をバイトにやらせていたりとか、普通にありそうですからね。

とにかく、身の危険を感じたら、逃げて社員へ助けを呼ぶ!これは、男女問わず、バイトの特権であり、最良の対策なのです。

▶ パチンコ店バイトおすすめランキングはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました